運動器の10年キャンペーン「障害者日本縦断駅伝」完結編〜〜障害者アクティブ・ロコモーションズ・ジャパン公式ブログ〜〜

仙台〜札幌〜那覇 3,000km「障害者日本縦断駅伝」のブログです。
障害者(手・足・脊髄などの運動器の障害)が、自転車・車イスで走りタスキをつなぎます。
《プロローグラン》4/28(土)〜5/2(水)仙台スタート〜八戸
《本編》5/4(金)〜6/4(月)札幌〜那覇   不屈の障害者魂で頑張ります!!(隊長/風間深志)
こんにちは
iPhoneから送信
| アクティブ・ロコモーションズ・ジャパン | 風間深志 | 19:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
豊見城市の 豊崎美らSUNビーチ に無事ゴールしました。


「美らSUNビーチ」に展開する南シナ海の青い海を見ながら、午後4時40分ついに嬉しいゴールを果たしました。

豊見城市の宜保市長はじめ美しいミス沖縄のお二人など沢山の方々のお出迎えを頂きました。3000kmを走り終えた気分は何とも爽快です。皆様長い間のご声援、本当にありがとうございました。
 最後を飾って頂いた沖縄チームの皆さんです。前列の左から石川さん、平安さん、新城さん、新垣さんの4名の走者。そして、その後ろ左から宮城さん、与那覇さん、大久保先生、金谷教授、普天間先生、島袋さん、金城先生。後列左から銘苅さん、神谷先生、砂田さん、江藤さんです。
 皆様のお陰で縦断の最後を飾る事が出来ました。ありがとうございました。
 日本中の皆さま、本当に今回は、お・世・話・に・な・り・ま・し・た〜。
  この縦断駅伝の成功は上記の数多くのスポンサーの皆様のお陰によって成し得たもであります。本当にありがとうございました。心から御礼を申し上げます。


  ANOTHER FINISH 「もう一つのゴール、、、」
 この人、我々の記録を担当した佐藤敏光カメラマン。4月28日の仙台出発からここ沖縄までずっと、カメラを片手に50ccのYAMAHA JOGで3000kmを走破しました。あっちこっちの所で前に走ったり後ろに戻ったり、その全総走行距離は4000kmを越えました。これももう一つのゴールですね。
 その瞬間、マネージャーとしての大役を無事終了し、ゴールでは「いや〜、これでビールを何の心配もなく飲めるな〜」と、ホッとした表情の山崎昌範マネージャー(51才・脊髄損傷・大阪在住)でした。(スタッフ紹介の最後になってしまいました)

 
 <おまけの写真です>沖縄衣装を着た美人二人に囲まれて、本当にうれしそうなトキちゃん。
 民宿「涼風」の皆さんです、最後の夜はありがとうございました。

 <おまけの写真、その2>
 ちょっとお買い物、JOG貸して! サキの独特の乗り方に注目して下さい。
 
  鳥取の道の駅「あらエッサ」に来た時、テツが突然この姿になったので、、「何してるの?」と尋ねると、「えっ、決まってるじゃないですか、ここは泥鰌すくいの町でしょう」とテツ。旅の出ると色々なものに出会えて楽しいですね。

 <Special  Thanks・スペシャルサンクス>
 
 TOYOTA  PRIUS  PHV お陰様で燃費が最高に倹約出来ました。
 MEREL(メレル)のブーツで日程の総てを通しました。ありがとうございました。
 KETELの通信システムでコミュニケーションも楽々でした。
ヘルメットはスワンズの取り扱っている”GARO”。自転車はヤマハ「PAS}でした。
 大歓迎をして頂いた「植村直己冒険館」の皆さん、ありがとうございました。
 様々な旗、横断幕などを次から次へと製作してくれた福島県只見町の目黒写真館の社長と奥様です。
 
 宿泊において大変にお世話になったのは各地の「コンフォートホテル」でした。
| アクティブ・ロコモーションズ・ジャパン | 風間深志 | 17:46 | comments(9) | trackbacks(0) | - |
 本縦断最後のスタートとなりました。
今駅伝の最後を飾る「本部〜豊見城」間の約90kmの朝のスタートです。台風が接近してきていて空模様が心配ですが、もう雨だろうが,風だろうが、まったく関係がありません。ゴールの瞬間に、一歩一歩近づくためのペダルを踏み下ろすだけです。

出発前にみんなで「頑張って、ゴールするぞ!」と気合いを入れました。
第1走者はゼッケン105の新城直希さん(41才・左大腿切断・一昨年に続いて出てくれました)です。ガンバッテー!
東シナ海の海はやっぱり絶対的に綺麗です。国道449号。

新城さん、かなり疲れた様子ですが、まだ頑張ってます。


新城さんから次ぎにタスキを受けたのは平安裕貴さん(29才・右膝下切断・前回の沖縄第1走者です・普段から5km位のランニング)、走っていると言うだけあってかなり強かった。
 
サポートDrは普天間朝上先生(50才・琉球大学整形外科医局長・前回からお手伝いを頂いてます)、大学の自転車チームのエースです。
 左はサポートDrの神谷武志先生(30才・琉球大学整形外科・大学ではバレー部、今は草野球)、そして右は同サポートDrの金城正樹先生(38才・琉球大学整形外科・医局の野球部)
です。「余裕でした」と後で感想を語っておられましたが、多分、その意味は反対の事を言っていたのでは?ないかと思われます。

そして第3走者は石川達志さん(47才・左腓骨神経麻痺・トライアスロンに出場)、自分のロードの自転車を持ち込んでかなの”早さ”でした。

 
で、沖縄最後となる第4走者は紅一点の新垣貴乃さん(30才・左膝下切断・健常者の社会人チームでバレーボールの選手)として活躍しています。
 那覇市内は大変な交通量ですから、慎重にゴールを目指しました。
 最後に登場したサポートDrは今回の沖縄ゴールの総まとめをして頂いた琉球大学整形外科の金谷文則教授です。自転車・スキー、何でもこなすスポーツ万能の先生です。一昨年に「守礼門」を出発した当駅伝(往路)の後に大学内に自転車クラブ「ロックオン」を作りました。

| アクティブ・ロコモーションズ・ジャパン | 風間深志 | 09:18 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
三線で歓迎を受ける。

素朴な味、心からのおもてなし、沖縄には温かな日本文化があった。
 沖縄のみなさんを囲んで記念写真です。
| アクティブ・ロコモーションズ・ジャパン | 風間深志 | 20:50 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
本部に無事到着した。
 おや? 誰ですかあの横断幕は?
SN3S13150001.jpg
 思いもかけない本部町の「受け入れ有志の会」がフェリーが到着後いきなり現れて、
この歓迎ぶりでした。
 札幌のスタートの日(5月4日)、雨の中を走って以来、久々の対面となった松下 隆教授(運動器の10年日本協会顧問)が出迎えてくれました。(優しい〜)
 
 向かったのは民宿の「涼風」です。ここで,明日の最後の準備を整えます。
 自転車をJOY BOND で磨いてくれているのは、わざわざ札幌から来てくれた栗本芳夫さんです。これでOK。
| アクティブ・ロコモーションズ・ジャパン | 風間深志 | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
沖縄行きのフェリーに乗って、、。

 4月28日の宮城県庁前から八戸港、そして札幌〜函館、青森からここまで、ずっとずっと走って走って35日目、あと少しでこの旅も終わりに近づく。実に「一歩一歩の積み重ねの力」を感じる旅でした。
 やったー! ついに沖縄です。
| アクティブ・ロコモーションズ・ジャパン | 風間深志 | 17:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
 クイーンコーラル8で沖縄に向かう。
SN3S13140001.jpg
 空は雨模様。沖縄の天候がちょっと気になるところだが、果たして4日最終日の100kmの本部から那覇までのラストランは一体どうなることやら?
船に乗るのは5月6日の青函フェリー以来の事になるが、、、ここまで長い長いと思っていた旅も、富士山登山で言うなら「九合五尺」、あと一歩で山頂だ。一歩一歩のひた向きの力と言うものは凄いもので、、、感慨も一入です。良いスタッフにも恵まれました。
| アクティブ・ロコモーションズ・ジャパン | 風間深志 | 17:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
 雨の中、鹿児島市の市役所前にゴールイン!
 雨にたたられた鹿児島市入り。かなり降られましたが、こちらの人に言わせると「まだ、黒い雨じゃなくて、よかったね」ですって。道路の随所に黒い火山灰がいっぱいだった。
 
 今回の鹿児島ステージで大変にお世話になったチーム鹿児島の面々です。(左から)医局の秘書を務める候高 慧さん、サポートDrの日高 亮先生(32才・鹿児島大学整形外科 ・ボート部・婚活中)、そして、宮内さんと坂本さんのお二人、その横のサポートDrの徳本寛人先生、そして、横内雅博先生(45才・同大学整形外科医局長)、上村てるみさん(医局の秘書さん)でした。ありがとうございました。
 桜島を目にした時は嬉しかったです。
| アクティブ・ロコモーションズ・ジャパン | 風間深志 | 11:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
 鹿児島二日目は右手に桜島を眺めつつ、、。
 頭に雲を被った桜島、、、、雨が降って来るのだろうか?
 今日のゲストランナー(第一走者)は宮内勝久さん(32才・二分脊椎症)と、サポートDrの徳本寛人先生(27才・鹿児島大学整形外科・小学〜大学までテニス1本)です。鹿児島市内まで36.5kmを走ります。
 ペダルをひたすら漕いでいると、前方に見えて来る応援にとても励まされるのです。
 途中のランナー交代の場所に「クオラ・リハビリテーション病院・あいら」を利用させて頂いた。外に入院中の患者さんも出ていて、僕たちが「北海道から来て沖縄に向かいます!」と言うと皆さんとても驚いていました。この病院のメインコンセプトである「クオリティー・オブ・ライフ」は、我々のメッセージする意図と同じだった。
 ここからは第2走者の坂本 勉さん(45才・右下肢切断・2010年にも参加してくれた)が自転車に乗る。
 今回の方が楽でした。皆さん「運動は大切ですよ!」だって。
| アクティブ・ロコモーションズ・ジャパン | 風間深志 | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
 さて、鹿児島への第一走者は肥田さんです。

  都城・倉内整形外科さんから盛大な送り出しを受け、タスキを肩に出発するのは鹿児島の肥田浩志さん(52才・左大腿切断・メタボ対策で週一回20km程度自転車に乗ってます)です。
 いざ、鹿児島へ向けてペダルを踏む。
 国道10号線、いよいよ鹿児島に入りました。
 曽於市立光神小学校の全生徒17人の大歓迎を受け校庭に表敬訪問。もの凄〜く元気な子ども達にビックリしました。
 バナナをお土産として1本づつあげると、人気者のテツはさっそく、そのバナナでインタビューの嵐に合った。
 肥田さんの後ろでピースサインを出すのははサポートDrの城光寺 豪先生(27才・鹿児島大学整形外科)です。
 鹿児島の初日は30.7kmを走って無事「国分海浜公園」にゴールしました。
 出迎えてくてた皆さんと記念写真。背景は(よく見えませんが)桜島です。
 本日のサポートDrのお二人。左は土持 亨先生(39才・鹿児島大学整形外科)と城光寺先生(同)でした。
| アクティブ・ロコモーションズ・ジャパン | 風間深志 | 17:47 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 天気
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE