運動器の10年キャンペーン「障害者日本縦断駅伝」完結編〜〜障害者アクティブ・ロコモーションズ・ジャパン公式ブログ〜〜

仙台〜札幌〜那覇 3,000km「障害者日本縦断駅伝」のブログです。
障害者(手・足・脊髄などの運動器の障害)が、自転車・車イスで走りタスキをつなぎます。
《プロローグラン》4/28(土)〜5/2(水)仙台スタート〜八戸
《本編》5/4(金)〜6/4(月)札幌〜那覇   不屈の障害者魂で頑張ります!!(隊長/風間深志)
<< 朝はミーティングから始まる。 | main |  さて、鹿児島への第一走者は肥田さんです。 >>
 第一走者の外山さんがスタートしました。
 
 県庁前を出発する第一走者の外山哲功三さん(57才・脊髄損傷・レーサー歴25年・週二回は20km程走っています)。大きな拍手に見送られて。
 宮崎と言えばこの美しい「パームツリー」の林立するストリート。これでも、最近は数少なくなったと言われています。
 今日のサポートDrは渡邉信二先生(宮崎大学整形外科)です。今日は残りの宮崎の49.1kmを全部走っていただきます。SN3S12960001.jpg
 「こんな急な坂道は普段じゃ走りませんよ〜」と後で語っていた外山さんでしたが、何とこの時、タイヤを持つ手から血がにじみ出ていました。11.8kmを走破。
 その外山さんから第二走者の吉田俊彦さん(46才・昨日も走ってくれました)にタスキが渡ります。「さ〜今日は県境までほとんど坂道ばっか、頑張ってな〜」宮崎フェニックスは本当に頑張る人達です。

 「昨日の疲れがまだ少し残ってます」と言いながら、7.8kmを走った吉田さんでしたが、走り出すと元気・元気。
 「新聞に出ていた,ほら、あの人達だよ〜これ」「そうだね、きっと。頑張って〜!」
 車椅子レーサーの方々は走り出すと「死力を出し切って」走るから,みんなゴールした時はくったくったです。(だから好き) 頑張った吉田さんから先輩となる第三走者の小川 敬さん(53才)にタスキが渡りました。
 もの凄いパワーと闘志で3〜4kmずっと続いた急坂を登り切った小川さんでした。
 国道269号線、すごい登りの続く坂道を小川さんはグイグイと登っていく。「今日のコースは箱根で言えば5区だね」と言っていましたが,見事に10.7kmを走破して頂きました。
 登り切った峠から一気に下りると、そこには「道の駅山之口」がある。そこで待っていたのは若干17才の木下大輔くん(高城高校陸上部・レーサー歴3年・これまで5kmが最長)。今日は5.8kmを走ります。
 
 見て下さい,この嬉しそうな顔を!
 「カメラには手を振るんだよ!」 テツの言う通りにする大輔くん。
 ゼッケン100番の大輔くんから手渡されたタスキは、ゼッケン101番の有馬良信さん(48才)の胸に!「辛いよりも、楽しい方が大きいからいつも頑張れる」と、そう言いながら走り出した有馬さんでしたが、昨日よりもかなりのハイスピードで都城に入って行きました。


 沿道の子ども達の声援を受ける有馬さん。「よっ,ヒーロー!」
 今日の宮崎県のゴールとなった倉内整形外科(都城市)で大勢の医師や看護師さん達に囲まれ、花束を贈られた有馬さんです。
 
 今日、最終日まで付き合って下さった宮崎の方々。前列左から外山さん、有馬さん、小川さん、吉田さん、木下さん、そして、後列左から鞘さん(中国の医師)、山本弘光さん、渡邉信二先生です。この人達が宮崎を障害者の立場から、いつも「元気」にしています。
| アクティブ・ロコモーションズ・ジャパン | 風間深志 | 11:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









http://2012.active-locomo.lolipop.jp/trackback/171
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 天気
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE